バドミントンラケットについて

ご存知のように、バドミントン (badminton) はネットで二つに分けられたコートの両側にプレーヤーが位置し、シャトルコック(通称シャトル)をラケットを使って打ち合い、得点を競うスポーツである。

インドネシアやマレーシアの国技。日本もバドミントンが盛んな国の一つ。

実際の試合を見るとわかるがとても動きの激しい運動のひとつ。

名称がバトミントンと間違われることが多いが、正しくはバドミントン(badminton)。バドミントンのラケットは、テニスやスカッシュのものと同じように、フレームにストリング(ガット)を張ったフェースと呼ばれる部分で球を打つ構造となっている。

以前はフレーム部分が木製でたいへん重く、木材の歪みを防止するために、使用後は専用の器具で固定しておかなければならなかった。

ストリングには動物の内臓など(通常ヒツジの腸、ストリングの別名のガット(英語で内臓の意)の語源でもある)が使われていた。

現在ではフレーム部は、カーボン繊維を中心に、複合素材としてチタン等の金属が使われている。なかにはケブラー等の素材が使われているものもあるようだ。

また現在のストリングスは、ナイロンなどの化学繊維を細かく編んだものが主として用いられおり耐久性も上がっているようだ。

本サイトではバドミントンラケットに関する様々な情報をお伝えしてゆく。


http://www.willtotruth.com/%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%82%BC%E3%80%80%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3.html