バドミントンラケットの選び方カテゴリの記事一覧

ガット

バドミントンラケットに張られている糸状のものをガットと呼ぶ。正式にはストリングスといわれているが、ガットと呼びなれている人が多いようだ。

バドミントンラケット選びでは、ガットも重要な要素のひとつであろう。

そのガットの張り具合をテンションと呼ぶ。

バドミントンラケットにはそれぞれ適性テンションがある。

適性テンションの最大数を超えて張ると折れる原因になるので注意が必要。

不適切なテンションによる故障については、メーカー保証はなくなる。

自分に合ったガットは、なかなか見つけづらいものだ。

見つけるヒントとして、簡単なガットとテンションの説明を記載しておく。

<ガットの種類>
・ナチュラル(天然素材)
:動物の腸。反発良く、打球感良く、打球音も心地いい。ある意味理想のガットだが、雨の日に弱く、価格が高いのが難点。

・モノ フィラメント(ナイロン)
:1本の太い繊維でできたガット。ハードヒッターに対応できる耐久性がある。

・マルチ フィラメント(ナイロン)
:細い繊維を多数集め1本のガットとしている。ナチュラルガットに近づくよう開発された。打球感は柔らかで、タッチプレーヤー向け。短所は細い繊維が切れやすいため耐久性がないこと。

・ポリエステル
:構造はモノフィラメントだが、ナイロンよりも耐久性はある。つまりガンガン打ってガンガン切る人向きで経済的。

<ガットの太さ>
・細い
長所:反発力が増大し、ボールが飛ぶ。ボールの喰いつきが良くなり、スピンがかかる。
短所:切れやすい。

・太い
長所:切れにくい。ボールの喰いつき具合が安定し、コントロールしやすい。
短所:打球感が硬く、ボールがあまり飛ばない。

<ガットの張り方(テンション)>
・柔らかい
長所:ガットがトランポリンのようになりボールが飛ぶ。ボールの喰いつきも良くホールド感がアップ。スピンもかけやすくなる。
短所:ボールが飛びやすく、慣れるまではコントロール性が低くなる。

・硬い
長所:ボールの飛びを抑制し、コントロール性は高くなる。
短所:喰いつきが減るため、ホールド感はあまり感じられない。硬く張りすぎると、ガットが切れやすくなる。衝撃が強くなるため、肘の故障などが生じる可能性があるので注意。

以上に配慮しつつ、自分のプレースタイルや今後目指すプレースタイルをイメージしながら、ガット選びをしよう。


賢い選び方−プレイスタイルで選ぶ

バドミントンラケットのプレイスタイルによる選び方だが、大別するとスマッシュ主体の攻撃タイプかレシーブ中心の守備タイプかそれぞれに合ったタイプで考えられる。

<バドミントンラケットのしなり具合>
・しなりが硬め
:攻撃タイプの方やスイングスピードが速いタイプには硬めがお薦め。

・柔らかめ
:逆にのものが守備タイプの方お薦め。すくうようにシャトルが拾える。

<バドミントンラケットのバランス>
・トップライト
:重心は手元であまりラケットの重さを感じさせないタイプ。ネットプレーなど俊敏な動きを要求されるプレイヤーにお薦め。

・トップヘビー
:重心はラケットの先にあるタイプ。ラケット自体を軽くしてもパワー負けせず、カナヅチのような感じで強い打球が期待できる。

・ミディアム
:トップライトとトップヘビーとの中間の特性となる。幅広いプレイヤーにお薦め。

<バドミントンラケットのグリップサイズ>
・G3
:太い。パワーのあるボールが打ちやすくなり攻撃タイプにあっている。グリップの太いラケットにはそれに見合った握力が必要であり、握力不足では打球時、ラケットを落としやすくなる。

・G4
:中。中庸なタイプ。扱いやすい。

・G5
:細い。コントロール性に優れる。レシーブタイプにお薦め。ただし細すぎると強い打球が打ちづらくなる。


以上のような点を参考にされるとよいのではないだろうか。


http://www.tgresthetic.org/blog/2014/05/09/%E8%96%84%E6%AF%9B%E3%81%A8%E9%81%BA%E4%BC%9D%E3%81%AE%E9%96%A2%E4%BF%82/

賢い選び方−素材は?

バドミントンをはじめた初心者向けや入門モデルから、徐々に上達したレベルに合わせたモデルへなど使いやすいバドミントンラケットの賢い選び方を紹介してゆこう。

まず、素材はなにをチョイスするのがいいか、素材と用途について見てゆこう。

・スチール素材
:主として使い捨ての玩具ラケット。折れる心配はまずないが、重い。競技には向かない場合が多い。素振り練習などにはよい。


・アルミ素材
:折れる心配はまずない。スチールより重量が軽く振りやすい。レジャー用や入門者が距離感を憶える練習用によい。スチールと同様ガットの張替えは向いていないので使い捨てになる。


・カーボン素材
:一般的に競技で使用される。アルミやスチールなど金属製ラケットよりシャフトにしなりが出来るのでより反発性の高い攻撃的な飛びとなる。もちろん重量も金属製に比べてかなり軽くなります。軽いものではなんと90g未満になり、分俊敏な動きに対応できる。


・チタン素材
:カーボンフレームの一部にチタンを使用しているもの。部分的にチタンを使用するメリットは、面安定性や反発性が高まり、それによりコントロール性や攻撃性が高まるなどの効果が期待できる。現在の競技向けモデルのほとんどのものはチタンが搭載されている。難点はチタン自体が高価な為、少々価格が高めなこと。しかし価格差以上にメリットが大きいと思われる。



http://www.andrea-corr.net/%E9%9D%92%E6%B1%81-%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F/